病棟の違いによる病院介護士の役割と仕事内容を知ろう

病院で働く介護士は、配属される病棟によって仕事内容が変わります。

介護士が働くことのできる病棟にはどのような種類があり、実際にどんな仕事をするのでしょうか。
私と一緒に詳しく見ていきましょう。

この記事を書いた人

藤沢このは
介護福祉士
接客業や飲食業のバイトを長年続けていたが、バイト先が閉店となったのを機に誰かの役に立つ仕事をしたいと介護の世界に飛び込む。
病院で10年、老健で5年働く。
平日の休みには一人カラオケでストレス解消するのが一番の楽しみ。

介護士が働く病棟の種類は3つ

病院で働く介護士が所属する病棟には、主に

  • 一般病棟
  • 医療療養病床
  • 介護医療院

の3つに分かれます。

それぞれの特徴は以下の通りです。

一般病棟

病気やけがで入院が必要となった患者さんが、最初に入院する病棟が一般病棟です。
急性期病棟とも呼ばれており、検査や手術が必要な患者さんや集中的な治療が必要な方が多く入院しています。
一般病棟では治療とともにリハビリも行い、できるだけ早く退院できるような支援を行っています。
医療ケアが必要な患者さんが多く入院していることもあり、看護師の割合が多い病棟となっています。

回復期病棟

回復期病棟とは、一般病棟での治療が済んで回復したものの、自宅での生活はまだ難しい患者さんが自宅での生活を目指し生活する病棟です。
理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が在宅復帰に向けた実践的なリハビリを行います。
リハビリが行われない時間でも、できることは自分で行ってもらうよう看護師や介護士が支援しています。

介護医療院

介護医療院は、病院でありながら介護保険の適用を受ける療養病棟です。

慢性期の医療ケアやターミナル・看取りのケアと、介護施設のような生活の場としての機能を兼ね備えています。
一般病棟や回復期病棟と違い、介護医療院には終の棲家としての役割もあります。
介護医療院にはケアマネジャーが在籍しており、施設ケアプランに基づいた支援が行われます。
定期的に本人や家族との担当者会議も開催されており、介護保険施設としての役割を担っています。

一般病棟における介護士の仕事内容と役割

一般病棟では、介護士は看護師のサポートが主な仕事となります。

医療ケアが必要だったり、安静が必要な患者さんが多く入院しているため、持続的に点滴を行っている人や酸素マスクを着けている人、呼吸器をつけている患者さんもいます。
そのため、日常的なケアを行うときには細心の注意を払わなければいけません。

バイタル測定やカルテ記入は看護師が行うことが多く、介護士が患者さんを受け持つこともほとんどないでしょう。
急性期で状態が安定していない患者さんが多いことから、患者さんとの関りも少なく、介護士としてのやりがいは感じにくいと言えます。

私も一般病棟で勤務していたときには、介護士だからこそできる仕事は少なく、何度も辞めたいと思っていました。
しかし、看護師が行うケアを間近で見ることができたため、医療知識を多く身に付けることができました。

回復期病棟における介護士の仕事内容と役割

回復期病棟では、介護士が患者さんと関わる機会もぐんと増えます。

介護士は、患者さんの自宅復帰に向け、できる範囲のことは自分でできるように支援します。
看護師とともに患者さんを受け持ち、看護師と同様にバイタル測定やカルテ記入を行うことも多いでしょう。
院内での援助計画を記した施設計画を介護士が策定する病院もあります。

看護師の補助的役割ではあるものの、一般病棟と比べると患者さんとの関わりも多く介護士としてのやりがいも感じることもできるでしょう。

私は回復期病棟で10年働けたのも、看護師とともに患者さんを受け持ったことで患者さんと関わることができ、介護士としてのやりがいを感じる機会が多かったからです。

介護医療院における介護士の仕事内容と役割

介護医療院では、介護士は主体的役割を担います。

回復期病棟と同様に、バイタル測定やカルテ記入を行うことも多く、看護師とともに患者さんを受け持ちます。
一般病棟や回復期病棟では行われる機会が少ないレクリエーションの企画・実施も介護士が行います。

私は介護医療院の前身である介護療養病床に3年ほど勤務しました。
患者さんと関わる機会が多く困りごとにも早く気付くことができ、他の職員と一緒になって対応策を検討する機会も多かったです。
担当者会議ではご家族と意見交換することもでき、介護士として充実した仕事を行うことができました。

病棟別の役割を認識しできることを精一杯やろう

多くの病院では、役割の異なる病棟を複数持っています。
病院で働く介護士は、それぞれの病棟での役割をしっかりと認識し、その場所で介護士としてできることを精一杯やりましょう。

それでも介護士のやりがいを感じられずに辛いと感じるときには、上司に異動を申し出てみましょう。
異動先で頑張ってみてもやりがいを感じられないときには、病院勤務が向いていないのかもしれません。

そんな時には施設への転職を考えてみるのもよい方法です。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする